沖縄で結婚指輪(ブライダルリング)を購入するのにおすすめのお店をランキングでご紹介!【口コミでも人気の店舗!】

紛失してしまったときの買い替えにも

    

 

 

一生ものの結婚指輪。
もし失くしてしまった場合は何か対処法はあるのでしょうか。
失くしてしまったときのことを考えて事前に何かしておくことはあるのでしょうか。

 

 

 

沖縄で結婚指輪を紛失してしまったら

基本的には指輪を専門店で購入することになりますが、紛失する前に必ず記録しておくことがあります。
それは指輪のサイズ自分の指の太さです。専門店で一つずつチェックすれば良いと思いがちですが、一度はめてしまうと価値が半減するので新品の装着は認めない店がほとんどです。沖縄でも同じことが言えますので、一度指輪を買うに至り自分の指のサイズがどの程度なのかおおよそを把握しておきましょう。

紛失する前のデータがあれば、その指輪をつけたときの感触が残っているのでその時よりもどうしたいのか微調整が可能です。過去の感覚は美化されやすいのが人間の常なので、なるべく自分の感覚をこまめに記録しておきましょう。左右の指で極端に大きさは変わらないので、両方の指に指輪をはめて細かな感触をチェックすることが大切です。

一生に一度の結婚指輪でこれから生活する上でずっと装着する物であれば、つけていても体の一部と感じられるくらいのフィット感があると良いです。そうでないとつけているのが苦痛になります。せっかくの一生に一度の思い出の品だからこそ納得いく物であるべきです。より自分にとって理想的なサイズを選べるように努力しましょう。

 

紛失してしまった後の手続きとは

遺失物保険に入っていたら運が良ければ保険金が下りる可能性がありますが、基本的には無くすことを想定して行動していないので、前もって加入している人はまれでしょう。無くしてしまったら、見つけることから開始します。当然新しいものを購入するのに莫大な費用がかかるので、一人の判断では危険です。必ずパートナーに相談して購入を決めましょう。

沖縄では基本的にレジャーで訪れる人が多く、海の中で紛失した場合、まず見つかりません。見つかったとしてもさびてしまい見た目が悪くなっているので使用するのは止めましょう。買い替えになりますが、その旨を指輪専門店の店員に必ず伝えるべきです。運が良ければ半額とまでは行かないまでも多少割引してくれる可能性があります。これは沖縄に限らずどこでもあり得ることなので相手に信頼してもらうためにいつ無くしたのか、どのようなデザインだったのかなど事細やかに伝えましょう。

合わせて指輪を購入したときの箱や説明書があると店員側が具体的な指輪をイメージしやすいので相談に乗ってくれます。気になるデザインを選択したら指輪の号数決定に移ります。一度作成したら大きさの変更は難しいので慎重に行いましょう。

 

紛失以外で沖縄で結婚指輪を購入する

沖縄の結婚指輪を扱っている店はオリジナリティあふれるデザインが多く、遠い場所からわざわざ買いに訪れる人がいます。現地の人しか知らない穴場の店がお薦めで、以外とリーズナブルな価格で提供してくれるところがあるので、現地の人とこまめにコミュニケーションをとって仲良くなっておくと良いでしょう。

細い糸を指輪をはめたい指に印をつけて持って行くと店員が行う作業の手間が一つ減るので喜ばれます。店側とするとその場でどれにしようか悩むのは良いとして、サイズを測るとなると家でも出来る事なのであまりいい顔はしません。その分お客さんに店員がつくことになってしまい、効率良くお客さんを裁くことが難しくなるからです。

常連客になればお勧めしてくれる指輪の種類が増えるので出来るだけ店員が苦痛に感じない方法を模索することが良いお客になるための第一歩と言えます。どうして沖縄で結婚指輪を買いたいのか具体的な理由を尋ねられたときに瞬時に応えられるようにしておくとなお良いです。情熱を持ってお客さんとして遠路はるばる訪れたという印象を与えられるので、店が実施しているサービスを受けやすくなります。買い替えには信頼関係を築くことが大切です。