沖縄で結婚指輪(ブライダルリング)を購入するのにおすすめのお店をランキングでご紹介!【口コミでも人気の店舗!】

沖縄で購入する結婚指輪|サイズが変わったら調整はできる?

    

沖縄で結婚指輪の購入後、結婚生活を続けているうちに指の太さが変わってサイズが合わなくなってしまうこともあります。

しかし、サイズ調整をすれば結婚の記念として手にした結婚指輪をそのまま利用することができます。

 

 

 

 

結婚指輪のサイズを小さくするには?

沖縄で結婚生活を続けているうちに結婚指輪が大きくなってしまったという場合、そのままにしていれば気が付かないうちに落としてしまう可能性もあるため、トラブルが発生する前に今の指輪をサイズダウンすることは欠かせません。

サイズダウンの方法には、指輪の内側に突起物を作ったり、金属を足して内径を狭くするという方法があります。

この場合、リング幅が太くなることからもともとの指輪のイメージとは違って見えるようになってしまいます。

けれども、外側の本体はそのまま残せるというメリットも持っています。

他にも、圧縮をするという方法もあります。

すり鉢状の穴に叩き込むことで小さくしていきますが、この方法は大きなサイズ変更には向いていません。

一般的には、大きい分をカットして溶接を行って繋ぎ合わせるという方法が利用されています。

結婚指輪の内側には、結婚記念日や自分や旦那のイニシャルなどの刻印が入っていますが、この部分が消えないようにどの部分をカットすればいいのかを計算した後加工されるので安心です。

 

結婚指輪のサイズを大きくするには?

結婚指輪を大きくする場合、沖縄県のジュエリー加工店では内側を削って内径を広くするという方法で行っていることもあります。

リングの厚みが薄くなるため、軽くなって以前よりも身につけていて違和感がなくなってきます。

ただし、刻印も一緒に削ってしまうため、再度刻印し直すことになります。

また、切り離して金属を足すという方法もあり、同素材が選ばれるのでどこで足しているのか分からないようにきれいに仕上げてもらえます。

けれども、切り離して新たに足すということはかたく溶接が難しい金属になると作業が困難となり、仕上がりも美しくないケースがあります。

一般的な金やプラチナなどの金属であればいいのですが、チタンやジルコニウムになるとたたいて伸ばす方法が向いています。

金属アレルギーを持った人の結婚指輪に利用されているため多く出回っていますが、大幅なサイズ変更となると金属を足さないことから厚みが薄くなったり幅が細くなるということを理解しておく必要があります。

 

デザインによってはサイズ調整を断られることも

沖縄県でも、結婚指輪というと装飾がほとんどないシンプルなデザインが人気ですが、婚約指輪としても併用できるような宝石がついたデザインであったり、一周にわたってデザインされているようなものとなるとサイズ調整が難しく断られることもあります。

小さなダイヤモンドを一周にわたって敷き詰めたエタニティと呼ばれるデザインは、修正することは不可能としてる店舗が大半です。

けれども、半周だけダイヤモンドを敷き詰めたハーフエタニティになると、ダイヤモンドがない部分での調整が可能となってきます。

また、結婚指輪として日本でも人気のハワイアンジュエリーは、外側に一周続くようにして絵柄が彫られているため、お直しを断られる店舗が大半です。

しかし、中には調整後にうまく絵柄が続くように再び彫って仕上げてくれる店舗もあります。

店舗によって難しい注文は断られることもありますが、中には結婚指輪という大切なものでもあるので、親身になって調整方法を考えてくれる工房もあります。

一般的には無理だと言われているものでも諦めずに工房を探してみるといいでしょう。

 

何十年という結婚生活を続けているうちに、結婚式ではちょうど良かった結婚指輪も合わなくなることがあるものです。

しかし、素材やデザインによってもさまざまな修正方法が用意されているので、工房に相談してみると役立ちます。