沖縄で結婚指輪(ブライダルリング)を購入するのにおすすめのお店をランキングでご紹介!【口コミでも人気の店舗!】

ダイヤモンドの粗悪品を見極めるには?

    

 

青い海と温暖な気候、そして未だに残る琉球の文化と、沖縄には多くの魅力があり、日本だけでなく世界中から観光客が訪れる場所です。沖縄では、美味しいものや置物などいろいろなものを購入することが出来ますが、貴金属も販売されています。
そこにはダイヤモンドの粗悪品もあるので注意が必要です。

 

 

 

沖縄には素敵なデザインのジュエリーがたくさん売られている

ジュエリーショップを訪れて見れば、沖縄らしい自然の色合いをデザインに取り入れたジュエリーを見ることが出来ます。沖縄にいかなければ手に入らない個性的なデザインですから、普通よりも特別なものといえるでしょう。

そして特別であることは、結婚指輪のように愛する人との絆を象徴するジュエリーを求めているならばうってつけです。世界で一つだけの結婚指輪をつけて、夫婦生活をスタートすることが出来れば、これからどのような困難も乗り越えていけるでしょう。沖縄はとても心地よい場所ですから、結婚式をあげるのにも最適です。現地でつくった結婚指輪をつけて結婚式をあげることが出来れば、これ以上ない思い出になりえます。

そのためには、その結婚指輪のデザインもそうですが、品質も最高のものでなければ満足することは難しいです。そこで信頼で出来るジュエリーショップを探す事ことが必要になります。

 

ダイヤモンドには粗悪品も混じっている

結婚指輪に使われる宝石というと、定番なのはダイヤモンドです。指輪のデザインはいかにそのダイヤモンドの輝きを引き出せるかにかかっています。でも注意しなければいけないのが、流通している石の中には粗悪品も混じっていることです。ダイヤモンドというと、宝石の中でも最も価値のあるもの、というイメージがりありますが、品質が悪く安物の粗悪品も世の中にはあります。

まず粗悪品を見れば品質の高い石に比べて輝きがないことがわかります。中をよく見ると亀裂や曇が混じっていることもあります。ダイヤモンドの価値は4つの「C」すなわち大きさを表すカラット、無色透明が最も良いカラー、透明度を見るクラリティ、石がどういう形に削られているのかを見るカットによって決まります。ダイヤモンドの鑑定では、鑑定機関が定める基準に基づいて、4Cが調べられるのです。その結果として当然ですが、評価の低い粗悪品も出てきます。その粗悪品をさも上質な石のように思わせられたら、せっかくの結婚指輪が台無しです。ましてや天然の石だけでなくジルコニアのような人工の石もあります。

特別な結婚指輪にしたいならば、見極める方法を知らなければいけません。

 

鑑定書を見ればダイヤモンドの価値がわかる

結婚指輪を飾るダイヤモンドですが、曇りや亀裂などが素人でも明らかならばわかるでしょうが、微妙な透明度の違いでは素人の目では良いものか粗悪品かの区別が難しいかもしれません。ですから、ダイヤモンドの価値を知りたいならば、一流の鑑定人が調べた結果が書かれている鑑定書を読んでみるのが一番です。

ダイヤモンドは小さい石でなければ、鑑定書がついています。鑑定書は自社で鑑定する場合もあれば、第三者の鑑定機関が行うこともあります。鑑定機関はいくつもありますが、その中で世界的にも権威があると認められているのは一握りです。当然のことながら甘い鑑定をする鑑定機関であれば、評価が高くなっても信頼度が落ちるので取引価格は低くなります。逆に厳しい鑑定機関で認められたものは、高品質であると信用されて高値がつくわけです。

ですから、どのような評価を受けたのかを調べれば、粗悪品を掴まされる心配はなくなります。鑑定書には、評価基準となる4Cやその石の特徴について細かく記載されています。細かい描写があることで、他の石と間違うことはなくなります。そしてすべての総合評価が等級で示されるので、予算と合わせて結婚指輪にしても良い品質の石かどうかを見極めましょう。