沖縄で結婚指輪(ブライダルリング)を購入するのにおすすめのお店をランキングでご紹介!【口コミでも人気の店舗!】

沖縄で選ぶ結婚指輪|指輪のデザインの種類

    

沖縄で結婚指輪を選ぶときにはデザインに拘りたい所ですが、そのためには沖縄で販売されている結婚指輪にはどのような種類のデザインがあるのかを知っておく必要があります。

指輪に関する知識を深めておけば、似合わない指輪を選ばずに済むでしょう。

 

 

 

 

沖縄で販売している結婚指輪の主流な種類

沖縄で販売されている結婚指輪には幾つかの種類があります。

男性に人気がありオーソドックスなストレートタイプは、シンプルなので飽きてしまうことがほとんどないのが特徴です。

細い幅のタイプは、指が細く見えるというメリットを得ることも出来ます。

ウェーブとも呼ばれるS字タイプは名前が示す通り波を打っているようなデザインが施されているのが特徴です。

曲線の滑らかさは柔らかく優しい印象を与えてくれるので、女性に特に人気があります。

妻がウェーブを選び、夫がストレートを選ぶ夫婦も少なくありません。

V字タイプは特にV字のラインが強調されているので指輪をすると指が全体的に引き締まっているように見えて、ほっそりしたイメージを与えることが可能です。

そしてU字タイプはシャープなV字タイプの印象が苦手な方に適しているデザインとなっています。

幅の広いタイプは、一般的な指輪より存在感があり男性に対して人気がある目を引きやすいデザインです。

また幅が広いと面積が広がるため、模様や文字を入れやすいのがメリットになります。

 

沖縄で販売している特徴のある結婚指輪

沖縄では主流な種類だけではなく、ある程度特徴がある結婚指輪も販売されています。

エタニティーは外周をダイヤモンドが取り巻くようにセットしている、ゴージャスな雰囲気の指輪です。

非常に華やかなのですが、ダイヤがたくさん取り付けられているため値段は高めの設定になります。

手の平の部分は目立たないのでダイヤが取り付けられていないハーフタイプも存在します。

サイドデザインタイプはアームの横側のみにデザインが施されている指輪です。

一見するとシンプルなように見えますが手を動かしたタイミングだけ、ちょっとだけ覗くデザインが個性的でお洒落と言えます。

2人だけが知っているマークやイニシャルなどを施すのも、素敵です。

結婚指輪はフォーマルな雰囲気のものが少なくありませんが、ファッション性があるカジュアルなタイプを選ぶことも出来ます。

オリジナルデザインの彫刻などを施すと、個性的で一味違う結婚指輪に仕上げることが可能です。

結婚と言う大切な記念に作成する指輪なので相手のイニシャルや結婚記念日など、特別なナンバーや言葉を刻印するカップルも少なくありません。

 

結婚指輪のアームに使われている素材

沖縄で販売されている結婚指輪の、アームに利用している素材にも幾つかの種類があります。

プラチナはダイヤモンドとの相性が良好で、1番多く使われている定番となっている素材です。

変色しにくく、白色で酸や汗に強いため錆びづらいだけではなく、硬く傷が付きづらいので結婚指輪として非常に人気があります。

ゴールドは変色しにくいのが特徴で、純度により柔らさが違い24金や18金などが存在するのです。

18金が最も使われやすい純度で、純度が高くなるほど柔らかくなり加工しやいという特徴があります。

ホワイトゴールドは白い貴金属を純金に混ぜた素材で、色はプラチナに近いですがプラチナより硬いため、安心して利用することが可能です。

長い期間に亘って使っているとメッキが剥がれ落ちて地金が露出することがありますが、もう1度メッキ加工を施すことによって元通りの色に戻すことが出来ます。

ピンクゴールドは別の金属を混ぜた金の中でも銅が含まれている割合が多い素材です。

桃色がかっている色合いが、女らしさを演出してくれます。

 

沖縄で販売されている結婚指輪には定番から、特徴があるものまで様々な種類の指輪があります。

そしてアームに使われる素材にも色々な種類があるので、新郎新婦の状況や予算に応じて最も適している結婚指輪を選ぶのが良い方法です。